TOP

中国が先導しているAIIBが始まったことは大きなニュースになっています。ニュース番組や各種新聞、雑誌などで情報を見かけた方も多いことでしょう。このAIIBについて、文字は知っているけれども内容がわからない人、詳細を知りたいという方も居るでしょう。

このAIIBとは、Asian Infrastructure Investment Bankの略称となっています。日本語での正式名称はアジアインフラ投資銀行と呼ばれています。国家間での金融機関であり、主目的としてアジア地域のインフラ整備を支援することとなっているのが特徴です。資金を募り、その上でアジア地域のインフラ設備を支援することで今後の発展を期待するものです。これに準ずる国際機関としてADBというものがあります。ADBとは日本語での正式名称はアジア開発銀行というもので、主に日本とアメリカが主導してきたものになっています。設立自体はADBの方が先行しています。なぜADBがあるのに、中国が主導するAIIBが設立されることになったのでしょうか?

今回AIIBが設立された経緯として、中国がアジア地域での経済大国として台頭してきたことが挙げられます。日本で暮らしていても、中国の景気の良さは伺うことができるでしょう。ニュースや雑誌などでも、大規模な建築物や経済効果などが注目されており、株式などでも大きく注目されています。経済商品なども中国市場を見込んで作られたりと、現在では無視することができない国となっています。

既存のADBの中では、中国の発言力が低いという現状が有り、この状態に不満を持った中国側が今回AIIBを設立するということになりました。AIIBを設立するにあたって、既存のADBと比べて、参加できる基準を低くしたことが特徴になっており、徐々に参加を表明する国が増えてきたことから、今後はADBを超える存在になっていくことが予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です