AIIBって何?

このAIIBとは、Asian Infrastructure Investment Bankの略称となっています。日本語での正式名称はアジアインフラ投資銀行と呼ばれています。国家間での金融機関であり、主目的としてアジア地域のインフラ整備を支援することとなっているのが特徴です。資金を募り、その上でアジア地域のインフラ設備を支援することを目的としています。このAIIBに参加することで、融資を含めインフラ工事に参加することも可能となっています。
AIIBが設立された経緯として、既存にある日本とアメリカが主導しているADB、アジア開発銀行に参加していた中国の発言権などが弱く、また不満などもあったことにより、中国が独自に推し進める機関として2013年10月に習近平国家主席が創設を提唱したことがきっかけとなっています。アジア諸国に関しては、インフラ設備が充実しておらずこういった支援を受けたいと思っていても、既存のADBでは参加するための条件が厳しいことや、カバーできない部分に対してAIIBがフォローすることが期待されていました。2014年までは参加国はアジア諸国が殆どであり、先進国などは一部となっているという現状がありました。2015年3月12日にイギリスが参加を表明すると、ドイツやフランス、イタリアまでもが参加を表明したことにより、注目度が高まり、2015年5月現在では57カ国も参加国が集まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です