日本とアメリカは参加せず

AIIBであるアジアインフラ投資銀行に参加しているのは、主導している中国をはじめとしてイギリス、ドイツ、フランス、イタリアなどになります。その他には実際にインフラ工事を行うアジア諸国などが参加しています。しかし先にADBであるアジア開発銀行を立ち上げた日本やアメリカは参加していないという現状があります。なぜこのような状態になってしまったのでしょうか。
それはADBを主導している日本とアメリカは、ADBから脱却しAIIBを立ち上げ主導している中国とはライバル関係にあるともいえるからです。現状として参加する条件をADBよりもAIIBはやや軟化させているという特徴があります。そのためアジア諸国としては資金的にも融通が利くAIIBを選択することが見込まれ、欧州を始めとした中東などの国もAIIBに参加しています。このことからもAIIBはADBと比べても多くの参加国を集めやすい下地を作ったのです。このため日本やアメリカなどは現状あるADBを捨て置いて、AIIBに参加するということができないのです。
またAIIBへの参加について日本やアメリカ側としてはいくつかの問題点を挙げていることも特徴です。AIIBの融資審査の能力不足であることや、公正なガバナンスができていないこと、ADBとの兼ね合い問題などが問われています。しかし欧州各国の雪崩れ込み参加を受けたアメリカ側の態度、参加申請期限を過ぎてもアメリカと日本を待ち続けるといった中国の対応から今後はどのようになるかはまだ決定していません。動向を注意深く見守っていく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です